teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:32/115 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

WM-D6 ヤケクソの復活

 投稿者:いほとんとかいも  投稿日:2014年 2月 6日(木)20時28分54秒
  通報 返信・引用
  初めまして 長年修理不能でほったらかしのWM-D6ですが、ダメもとでヤケクソの修理?を
やってみましたので、今更ですが投稿させて頂きます。

ただハイブリッドIC(HIC)の解体はかなりのリスクで、私自身も2度とやりたくない作業
ですのであくまで参考ということで・・

・ 症状
再生時、モ-タ-が高速回転。停止時でもモ-タ-が回転して止まらない。

・ 分解
まずは根性でHICのコ-ティングを剥がす。リュ-タで少しずつ削りカッタ-の刃先などで
慎重に削り取る。それでもQ1は誤ってモ-ルドを半分以上削ってしまい破損。パタ-ンも一部
破損・・・(なんとか修復できました)

・ 原因
---停止時でもモ-タ-が回転---という症状からQ5が不良と思いますがHICの部品取り外し
時にQ4も交換してしまったため、真意はわからず。 あとなぜかQ2も破損してたみたい・・。

・ 部品取替
適当に安そうな同等品?を使用。 オリジナルの部品名は全く不明です。
Q1,2,5 2SC2712
Q4 2SK208GR

・ 結果
一応、正常動作。 但しモ-タ-起動時にサ-ボ引き込みで一瞬高速回転するので過渡応答特性が
変わったかも・・。 HICのフィルタ用コンデンサをどこか壊してるかもしれないです。

・ 備考
抵抗、コンデンサの値は実測値です。IC1のピン番が回路図と不一致でした。
HIC内の調査した回路図と、部品取替え完了のHIC分解写真を添付します。
 
 
》記事一覧表示

新着順:32/115 《前のページ | 次のページ》
/115