teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. SRTTイベント情報♪(33)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:27/5165 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

ありがとうございました

 投稿者:いなむら@NINJA250SL→ZX-25R  投稿日:2020年12月27日(日)08時17分29秒
  通報 返信・引用
  平日クラブを担当しています稲村です。

今年も一年、ありがとうございました。?皆さま良いお年をお迎えください。

平日クラブは、3月まで少し間があります。
冬の間にバイクの状態を点検して、
必要があれば整備をしておくことをオススメします。
春からまた気持ちよく走れますよ。


スミマセンが、以下、長文です。?(常連の方には、お話している内容です。)

バイクの機械としてのハンドリング良し悪しの基本は、
・タイヤ
・ステアリングステムベアリング
・アライメント
です。

特に外から見えないステアリングステムベアリング。
(ステムベアリングと呼びます。
 =ハンドルを左右に切る軸にあるベアリング)
定期的に点検していますか??
公道では直線を走る事が多いため、ハンドルがいつもまっすぐの状態。
ベアリングは、ほとんど回らないので一部だけ摩耗する=偏摩耗(段付き摩耗)していきます。
すると、
ハンドルが(セルフステアの肝である)切れ始めで引っかかるようになっていきます。
ハンドルの切れ始めで、スムーズに動かない事により、
無意識にバイクを寝かしてバランスをとったり、リーンアウトだけが気持ちよく走るようになったりしていきます。
この偏摩耗が酷くなると、
ニーグリップとステップワークでばらをとって、
ハンドルから出来るだけ力抜いて、、、
では、バランスが取れないとか、
特定のカーブ、ハンドルが少しだけ切れるようなカーブだけが、思うように曲がれなくなったり、
低速でまっすぐ走るとき、ハンドルを強引に切らないとバランスが取れず倒れやすい、
などの症状が出てきます。
ステムベアリングの寿命は、バイクの仕様や使用状況によりますが、
経験的に、
公道では、2万キロから3万キロぐらいで偏摩耗を感じ始める状態になる事が多いです。
(たまに、組み立て時の調整不良で、1万キロ以下の新車でも交換する事もあります。)

実際、スクールでも「コレは明らかに交換を推奨」という車両が時々、発見されています。

法定2年点検の点検項目なっているハンドリングの要の一つなのですが、
走行と共に徐々に悪くモノなので、馴れてしまって、オーナーは気がつかない事が多いのです。
そのため、不具合の発見と交換の判断は、法定点検などでの担当者の良心とスキルにまかせになっている事が殆どです。
(交換が少し面倒で、調整もあるためです。)
整備を依頼する時は、段付きをし始めてないか気になっているとキチンと伝えましょう。

旧年式の車両や、保管や使用の状態によっては、走行距離が少なくても、内部がサビてしまっている場合があります。
この前まで普通に走っていたのに、急に状態が悪くなって走りにくいなんて事もあります。

定期的に点検する事が大切です。

セルフステアは、
セルフステアするバイクあっての事です。

ご参考になれば幸いです。

来年もドクター須田、共々、よろしくお願い申し上げます。
 
 
》記事一覧表示

新着順:27/5165 《前のページ | 次のページ》
/5165