新着順:710/16881 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

ナミヤ雑貨店の奇蹟

 投稿者:関ヒマ  投稿日:2017年12月24日(日)18時37分39秒
  通報 返信・引用
  東野圭吾氏の「ナミヤ雑貨店の奇蹟」を読みました。

児童養護施設出身の3人の若者が悪事を働き、逃げ込んだ古い家。
そこは、32年前まで悩み相談を請け負っていた雑貨店だった。
廃屋のはずの店内のシャッターの郵便口から突然悩み相談の手紙が落ちてきた。
3人は戸惑いながらも店主に変わって返事を書く。

若者たちが入った元雑貨店は、建物の中だけが外界に比べ時間の進み方が遅くなっていた。
外界との32年の差がもたらす奇想天外な物語。

この小説は5つの短編から成っていますが、5つがそれぞれ独立していながら繋がっていて、劇的な最終章を迎えます。

東野氏の作品は緻密に構成された小説が多いですね。
 
》記事一覧表示

新着順:710/16881 《前のページ | 次のページ》
/16881