teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]
あなたも高機能な無料レンタル掲示板を作りませんか?
作成は、こちらから→


新着順:32/1114 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

巴外科内科横領金

 投稿者:montecristo  投稿日:2013年10月17日(木)08時38分50秒
  通報
  「ボクは何のために働いているか分からない」

覚えていますか巴 淳一さん。 あなたの嘆きのセリフです。 なぜか知らないけどあなたを慰めるため500万円オーバーの日産フェアレディ特別仕様車をプレゼントしましたね。豪華プレゼントで気が収まったのでしょう。

この代金も予定納税が2000万円必要とかでその金額も美弥子が握って返さないF氏の通帳から支払われました。

あなたの嘆きに対して美弥子、貴美子は「分かる人は分かってくれている。」と意味不明なことを口走っていました。
淳一嘆きの言葉「ボクは何のために働いているか分からない」は淳一の稼ぎに門岡一族(美弥子の両親が淳一所有の霧島町一戸建てに居住、門岡宏(美弥子の実弟)が東京で食い詰め巴外科(当時)の事務長の名目で食い扶持程度でおいてもらった)

門岡宏(美弥子の実弟)のことを説明する必要があります。
根がいい加減な奴で、たちまち看護婦(ユジさん?)に手を出す始末。こともあろうに「姉美弥子も頑張れと励ましている」などのラブメモを落とし他の看護婦にも見られ一騒動。淳一もガックリ。

一件落着すると、今度は宮崎の夜の繁華街西橘通にある「ブルーミヤザキ」というバーのママに熱を上げ連日連夜通い詰め豪遊。 着る物も1級品になり気前よく札びらを切り有名人。
F氏の通帳から美弥子を経由した金を湯水の如く使いまくっていた。

何にせよ、人の金が一億円近く手元にあるのだから一家で使い放題贅沢のし放題「打出の小槌」があると豪語。
 
 
》記事一覧表示

新着順:32/1114 《前のページ | 次のページ》
/1114