teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]
あなたも高機能な無料レンタル掲示板を作りませんか?
作成は、こちらから→


新着順:163/1114 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

悲痛の叫び

 投稿者:皇国の志士  投稿日:2009年 8月14日(金)17時33分2秒
  通報
  久々の投稿になります。
皆さん御活躍のこととお察し致します。

  私は、人道主義者として考える時、政治とは国を治める為のものであり、その国の生い立ちに従い育まれた、国体を遵守する事が必需であると考えます。
  その国体を遵守すべき政治家が国体を忘れた時、国は衰退の一途をたどり崩壊の道へと進む、嘗て彼の勝海舟が残した「国は外的に拠って滅ぶのでは無く内から腐って滅ぶ」と云う言葉を残しております。まさに今がその時、国の為、純粋に我が身を捨てて現代に繋げた英霊に敬意を祓うことを忘れた者が、国体を語ることが出来るであろうか。

  嘗て、安倍総理に対し靖国神社公式参拝を促す為、断指と云う身を削ぎ落としての勧告を一青年の純粋無垢なる行動を以て行われた。また昨年福田総理に対しても同じように純粋に国を思い悲痛な声を届けていたことは周知のことである。そしてまた八月十日午後、民族派団体である同血社に所属する中村宏樹同志は、麻生総理に対し日本国首相の立場で、八月十五日に靖国神社公式参拝をするよう勧告文と共に断指した指を添え、内閣府に赴き強く勧告した。
  国の礎になられた英霊に、頭を垂れることが出来ぬ者を作り出し、また臣民の悲痛な声を聞くことの出来ない者が政治を司るなどと云う事は民族性という絆に綻びを与えることに他ならない。今こそ建国の理念『八紘一宇』に立ち返り日本民族の誇りを取り戻すことこそが政治を司る者の努めであろう。
 
 
》記事一覧表示

新着順:163/1114 《前のページ | 次のページ》
/1114