teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


廣中さんへ

 投稿者:すえよしメール  投稿日:2007年10月21日(日)19時48分22秒
編集済
  書き込み、ありがとうございました。
方々で宣伝しておきます。

土曜日は、先生はユニセフでお仕事だったのです。
悪しからず・・・。

時間があったらまたキャンパスを訪れてくださいね!
 
 

ナワダカモガネカ

 投稿者:ひろなかメール  投稿日:2007年10月16日(火)23時40分46秒
  廣中です。お知らせさせて下さい!

今活動させていただいている『難民ナウ!』の活動を通して、難民の方が大学に通うことができるよう支援していこう!というプロジェクトを始めました。

「ナワダカモガネカ(NaWaDaKaMoGaNeKa)」といいます。

日本にいる難民の方々にとって、大学で学ぶことが、「希望の光」となれば・・・と思います。
今年から関西学院大学が導入を始めたのをきっかけに、まずは、関西の大学へ呼びかけを行っていきたいと思います。


現在のところ、同志社、立命館、京都外大、帝塚山、京大、京都産業大が参加しています。その大学の方も大歓迎です。

下記詳細を載せますので、よかったら読んでみて下さい。興味があれば、ぜひ参加して下さい!




NaWaDaKaMoGaNeKa-Project・・
「難民特別奨学生制度枠を大学で考えたり求めたりする学生ネットワーク関西」の頭文字。
制度を考えたり求めたりするとともに、取り組みを通して難民問題が身近なものになればいいなと考えるプロジェクトです。

ホームページ↓
http://nawadakamo.exblog.jp/

mixiコミュニティ↓
http://mixi.jp/view_community.pl?id=2669486


難民特別奨学生制度・・
2006年、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)駐日事務所と関西学院大学が締結した、日本で生活する難民を対象とした推薦入学・奨学制度。大学という高等教育機関の専門性を活かした画期的な難民支援であり、青山学院大学も2008年度からの導入を決定している。


難民の方から見た制度
「難民として日本で暮らす人にとって大学への進学は本当に難しいんです。この制度のことを知ってワクワクしています」(カンボジア難民・Sさんからのメール)
「この制度で大学に入れることが決まったとき泣きました。嬉しくて」(ビルマ(ミャンマー)難民・Mさん)




10月20日(土)に関西学院大学の浅野副学院長をお呼びし、制度のことや大学の事情を知ろうというミーティングを行います。是非参加して下さい。

制度がもたらしたもの(難民、学生、大学の三者にとって)
大学側の窓口はどこか?
話をどのように進めるか?
―など、具体的に動き出すために準備をしたいと思っています。
先進事例である関西学院大学の取り組みから学びます。
参加費は無料です。

日時:10月20日(土)14時-15時30分
会場:cocon烏丸4Fシティラボ・プレゼンテーションルーム(四条烏丸西南)
解説:浅野考平・関西学院大学副学長 (NaWaDaKaMoGaNeKa-Projectアドバイザー)

※参加希望の方は事前に連絡をお願いします。

-連絡先-
nanminnow.hironaka@gmail.com(広中)

興味があれば、ぜひ参加して下さい!
 

羽月くんへ

 投稿者:すえよしメール  投稿日:2007年10月 9日(火)08時27分31秒
編集済
  お電話ありがとうございました。
一瞬でもお会いできて嬉しかったです。
また、成長した姿に頼もしく思いました。

今度はゆっくりとご飯でも食べに行きましょう!
 

末吉先生へ

 投稿者:羽月メール  投稿日:2007年10月 8日(月)02時35分36秒
  本日はお忙しい中すみませんでした。
また機会がありましたら大学に伺います。
 

(無題)

 投稿者:すえよしメール  投稿日:2007年 9月 3日(月)20時09分4秒
  以下のような書き込みに対して、しかるべき措置をとりました。  

(無題)

 投稿者:大吉  投稿日:2007年 8月17日(金)08時47分34秒
  末吉がいるから「戦争」がなくならないんだよ。
ええかっこばかりいいやがって。
 

廣中さんへ

 投稿者:すえよしメール  投稿日:2007年 6月24日(日)14時15分38秒
  こんにちは。お元気そうで何よりです。

難民問題については、NGOの人たちがいろいろと精力的に動いているのに感心する反面、政府は何をやっているのだろうと思います。うちの大学でも難民を受け入れたらよいと思うのですが、そこまでの余裕あるのかなぁ・・・と考えてしまいました。

とにかく、まずは行動を起こすことが必要だと思いますので、学長に話をしておこうと思います。

大学の近くまで来た際には是非、大学に立ち寄ってくださいね。
 

お久しぶりです。

 投稿者:廣中メール  投稿日:2007年 6月23日(土)23時13分55秒
  お久しぶりです。廣中です。
私も仕事大分慣れて来ました。が、やっぱり大変です。が、頑張っています!最近新しく『難民ナウ!』という難民問題を天気予報のように身近に伝えていく活動に参加しはじめました。今後イベントをやりますので、よければ、来てください。

―世界難民の日2007記念イベント―



『難民と暮らす』

―日本初の難民特別奨学生・

ミョウさん(関西学院大学)を迎えて―



関西学院大学(兵庫)がUNHCR(国連難民高等弁務官事務所)と連携して、

毎年2名の難民を特別奨学生として受け入れるという「難民特別奨学制度」は、

日本で暮らす難民の方々にとって大きな希望の灯となっています。

この制度の一期生として今春から関西学院大学で学ぶ、

ビルマ難民・ミョウさんをお招きして、お話をお聞きすることになりました。

会場は京阪三条にある静かなヨガスタジオです。

ゆったりした空気の中で「難民と暮らす」ことについて一緒に考えてみませんか。

皆さまのご参加を心よりお待ちしております。



日時:2007年7月7日(土) 19時~20時30分

会場:SLOW-FLOW京都三条店(京阪三条KYOUEN内・土下座像裏にある店舗の一つです)

地図↓

http://www.slow-flow.com/shop_kyoto/shop_map.html

定員:50名(事前のお申し込みをお願いします)

参加費:1000円

申し込み方法:メールか電話でお名前、連絡先をお知らせ下さい。



―お問い合わせ・お申し込み―

「難民ナウ!」事務局

075-213-2571

090-5063-3206

nanmin_now@ybb.ne.jp

http://www.voiceblog.jp/nanmin_now/



「難民ナウ!」・・京都三条ラジオカフェ(FM79.7)で2004年2月より放送を開始した

日本初の難民問題専門情報番組。コンセプトは「難民問題を天気予報のように」。

2006年6月からはUNHCRと難民支援を展開するNGOとの間で発足した

J-FUN(Japan Forum for UNHCR and NGOs)のメンバーとして活動を展開しています。
 

(無題)

 投稿者:すえよしメール  投稿日:2007年 5月14日(月)11時40分27秒
  >北林くん
ご無沙汰しています。
おかげさまで年度始めは忙しくしていましたので、書き込みが遅くなりました(すみません)。

仕事のほう、頑張っているようで何よりです。
健康第一で頑張ってください。
また、大学のほうにも来てくださいね。


>たんくさん
お返事が遅くなり申し訳ありません。
TEZPESは現在、事実上の活動休止状態です。
北林くんのような中心メンバーが卒業してしまったためで、何とかしなければと考えているのですが。
 

卒業して早くも一ヶ月

 投稿者:キタバヤシ  投稿日:2007年 4月19日(木)22時29分26秒
  会社にもだいぶ慣れてきました。毎日仕事が楽しいです。是非入部して盛り上げてほしいです。時間が空いたら顔出しにいけたらいいなとおもいます。  

レンタル掲示板
/18