teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


キラキラ輝くハヤマっ子たち♪

 投稿者:KS  投稿日:2017年 7月10日(月)14時57分19秒
  第13回U12キラリ杯が行われました。
この大会もホスト主催側チームとして第一回から参加しています。
当時は矢倉を中心とした有志チームの技術力向上のため矢倉T居ちゃんの
付き合いのある久御山さんや僕の付き合いのある奈良都南東市さんやガンバ門真さん
EXE90(現ディアブロッサ大阪さん)さん、共通の付き合いの敦賀さんを招いて
こじんまりと交流していましたが今では大きい大会になりました。
内部からは大きくなりすぎて「あるべき姿は?」「何をしたいのか?」なんて疑問視も・・・
実は僕も同じことを近年感じていました。。。U10チャレンジリーグもしかれ。。。
T居ちゃんは「俺たち二人は黒子やな!!子供のために黒子になるのは良いけど、
ビッグレイクを使いたいがために某チームを巻き込んでから確かに変わったな」って
笑ってましたが、“プレーヤーズファースト”として大会運営を見直す時期にきたなって
感じてます。
さて、ハヤマグリーンはu12の大会ですがu11で県内外の強豪相手にどれだけ
果敢にチャレンジして普段の練習の力試しをできるか!?って臨みました。
とくに、一試合目のvsFCSETAさん戦は大量失点は覚悟しつつ何ができるか!?
何を学ぶか!?でした。
まずはFCSETAさんに敬意を表します。普段から親しくしているのでハヤマグリーンの
事情は理解済みですがu11チームながら4年生中心のハヤマグリーンに対して
土俵の真ん中で正々堂々と試合をして頂きましたことに感謝の気持ちでいっぱい。。。
この試合で僕がひそかに未完の大器と期待している4年生レイが選手交代して
ベンチに戻ってきた時に俺の横で泣き出した・・・「悔しい!!何もできひんだ!」
僕もついついもらい泣きしながら「負けるな自分に!」それしか言えなかった・・・
辛いだろうけど現実は現実として直視して努力するしかなんだ!!
努力は自分を大人にしてくれるし自信も与えてくれるし心技体に成長させてくれる!
そして、このチームではおそらく初めてだな!?
テントに戻り、長々を話することは(本などでは評論家さんが)良くない!って
言っていますが(事件は現場で起きてるんだ的な現場主義が大切なので)、
僕が子供たちに伝えてあげたいことを話ししました。
そこでは、「強豪チームから負ける中で学ぶことがあるから学べ!」って言おうと
思っていましたが、FCSETA戦で前半は13失点でしたが後半はハヤマグリーンが
ボールを触る回数が、ボールを運ぶ時間が、パスがつながることが相手チームより
増えだしたので、「今日は、強豪相手から何を得られるか!ってハヤマっ子たちに
言うより、どんどん自分から見て考えて判断したことをやることが先だなって・・・」
その後、あと2試合も試合することができましたが僕は審判要因として(笑)
1試合目は中から関わり、最後の試合は中から無言で関わり、じっくり試合を
分析してましたが残りの2試合はしっかりと相手見ながら積極的なチャレンジが
できてましたね。
二日目は若いコーチの二人にハヤマっ子たちもリフレッシュでき
サッカーを楽しめたと思います (^_^)v 暑い中をお疲れ様でした(^_-)-☆

 
 

声の大きさは自信の表れ

 投稿者:3  投稿日:2017年 7月 6日(木)22時53分7秒
  久々にグランド登場~

アラフォーにもなると
時間の進むのが早過ぎて…焦ってます。

だからかな…
久々に登場して
たくさん詰め過ぎたか…も。




もっと早く深く、上手くなる方法…

もっと喋れ、喋れ、喋れ!
もっと声出せ、声出せ、声出せ~?

ハンバーグ??…だよなユウマc(^。^)

みんな、
もっと貪欲にこだわりや
もっと貪欲に欲張りや
 

カンピオ――――ネ!カンピオ――――ネ!オーーーーレ!オーーーーーーレ!

 投稿者:KS  投稿日:2017年 7月 3日(月)13時58分38秒
  土曜日、日曜日はめずらしく試合を入れませんでした。。。
お断りした京都の友好にして頂いているチームの皆さんすみませんでした。
7月に入りしばらく試合が続くのでどうしてもこの土日は練習を通して
サッカーは楽しいよ~でも自分と相手にはげしさときびしさと思いやりが
ともないますよ~ってことと仲間意識の大切と仲間との競争心を
伝えたかったためワガママを申し上げました。
今後ともかわらずご交流のほど宜しくお願いします。

土曜日・・・
僕担当しました。ちょっと延長の延長で終わりが伸びちゃいました。
お昼まわっても家に帰ってこないから心配してグランドまで様子を見に来られた
ご父兄さん、すみません。以後、注意します。
>数年前までハヤマも取り入れていた「ブラジル体操」をこのチームで
 やろうと“とりあえず”いくつか子供たちに伝えました。
 なぜ?最近の子の特徴なのかな・・・先日のU10チャレンジリーグ見て
 可動域が狭いように感じだしました。
 なぜ?そういや~どこのチームもいきなり走り出したりしてしっかりと内線、外線を
 伸ばすようなウォーミングアップしてないような~
 だから~みんな最近の子はサッカーうまいけど自分のプレーのエリア(幅)が
 狭いのかな!?って・・・
 そう考えると、ハヤマの子って高学年の背の高い歩幅の大きい相手をかわすには
 しっかりと内線外線をケアーしておかないとプレーの幅も持たせないし
 ケガもしやすくなるなって思い・・・そこで『復活!!』させましたv^^v
 これからはずっと練習前、試合前にしっかりとやって欲しいね。
>その後、更にボールを使って可動域を広げつつボールリフティング。
  ここにもハヤマ独自のノウハウがありますが・・・
  うん???ちょっと一人一人の温度差がはなれてきたかな!?
  自分さえ良ければ的な???別にとりあえずやっとこう的な???
  そして、色々と工夫しながらチャレンジしている選手・・・
  競争意識と連帯感をちょっと持たすためにちょっとした工夫を入れてみました。
  僕らしくなくグランドダッシュ入れたり・・・
  さらに、
 「カンピオ――――ネ!カンピオ――――ネ!オーーーーレ!オーーーーーーレ!」
 「カンピオ――――ネ!カンピオ――――ネ!オーーーーレ!オーーーーーーレ!」
 「カンピオ――――ネ!カンピオ――――ネ!オーーーーレ!オーーーーーーレ!」

 「カンピオ――――ネ!カンピオ――――ネ!オーーーーレ!オーーーーーーレ!」
 「ウェイ」「ウェイ」「ウェイ」ウェイっ」
 「カンピオ――――ネ!カンピオ――――ネ!オーーーーレ!オーーーーーーレ!」
 「ウェイ」「ウェイ」「ウェイ」ウェイっ」
 「カンピオ――――ネ!カンピオ――――ネ!オーーーーレ!オーーーーーーレ!」
 「ウェイ」「ウェイ」「ウェイ」ウェイっ」
  (※ウェイってところ「オリャ」に変えたほうがいいね(笑))
 カラオケで歌唄ってたらお腹から声出すから体が熱くなり元気でますよね!!
一曲歌えばエネルギーが出るから調子よくなりもう一曲!もう一曲!って(笑)
それと同じで声出すことで心身のバランスを向上させますね。
今はユウトにしてもらってるけど輪番制にしようっと (^_^)v
思い起こせば・・・
試合前のピッチ内での円陣で「オーーーーハヤマーハヤマーハヤマー勝利ぃぃ」とか
「めっちゃ、めめめ、メチャイケ、ハヤマ」とかハヤマが滋賀県でやりだしましたね。
って言っても、僕が仲の良い現ディアブロッサ大阪(元エグゼ90)の真似をして
滋賀でやりだしました(笑)
そして、(野球の話ですが・・・)
僕はタイガースファンですがジャイアンツが原監督のときに優勝した時代に
原監督の“グータッチ”をマネして
僕が試合前やハーフタイム、試合後に選手たちと“グータッチ”したり
“パータッチ”したりして子供たちの健闘にリスペクトすることをしてましたが
県大会やU12リーグを見に行ったらやってるチームがありました。
>話がそれましたが・・・その次は、みっちりとドリブル練習。
 僕が練習見るときのドリブル練習は運びながらスペース探しいいの
 ワンフェイントからアウトで見つけておいたスペースに2mダッシュで入る的な
 緩急の変化をテーマに意識させています。
>そして、最後は、GKなしでの紅白ゲーム(ゴール間は近距離)。
 顔あげてまず相手ゴールを意識してどこからでもシュートを意識し
 ダメならどうするかの(コートも狭いので)迅速な判断力を向上させることを
 オーガナイズとして臨みました。


日曜日・・・
堀池コーチとユーーマコーチが担当しました。
暑かったでしょ!!
僕は来週の父親の法事の段取りや車の点検があったのでOFFをもらいました。
そうそう!
僕はゴールキーパーですがゴールキーパーは俊敏な動き、すなわち、
高いアジリティを必要とします。
したがって、僕のように高齢になると筋力の低下がプレーに影響する(泣)
まだまだ、U17年代には負けたくないしね(苦笑)
ましてや、U12年代にど真剣にキーパーしてゴール決められるの嫌ややし
春からジム通いしていますが・・・・
久しぶりの教え子との再会がありました(*^_^*)
小中とずっとアニモサッカースクールにきていたT・としき
セゾン-野洲高校―そして立命大でU16日本代表でした。
むちゃくちゃ心技体が素晴らしく人間的にも優しくて勉強もできてイケメンで
なによりも自分を追い込んで努力する努力家・・・僕は大ファンでした(*^_^*)
(とにかく努力する人そして頭脳が使える人、イケメンは大好きです(爆笑))
「さ・・・・・わ・・・・きさん????」「えっ」「おおおおおおおおおおおおっつ」って!
絶対にプロになると確信してましたがやっぱりプロになるには難しんだよね・・・
(中村けんごうと長谷部の良さを併せ持ったようなプレーススタイルでした)
打診はあったみたいでしたがなかなかうまくまとまらず、某一流企業に就職・・・
どうしてでしょうか?~葉山東小学校や葉山小学校にはハヤマグリーンって知名度も高く
育成力でも県内外で認知度も高く県大会も常連チームでサッカーの上手い選手を
たくさん輩出しているチームが地元にあるのに他チームに行かれるのわ~(泣)
また、アニモサッカースクールからも毎年多くの県トレ選手を輩出しています。
もちろん、所属するチームのお力がベースなのでここで力説するのは
おかしいですが内助の功みたに微力ながら貢献できればとやっています(^_^)v

みなさ~ん、月曜日はかなり暑くなるようです。
14時くらいには34度とか・・・  (-_-;)

また、台風3号も来ていますね。。。進路予想見たらもう台風来るの!?
って感じです。

とにかく、くれぐれもご自愛ください (^_-)-☆
 

Re:滋賀のとある一人さん

 投稿者:KS  投稿日:2017年 7月 3日(月)13時53分5秒
編集済
  >さあきさんが優しくサッカーを教えておられるという事は?サッカー選手にさせて育成>することと違い、サッカーというスポーツはこんなに楽しいよ的になられたのですね。>時代がそうさせたのかもしれませんね。

■もともと遊び心重視でハヤマの子たちはヒールリフトあり~の
スイッチプレー(置き忘れも)あり~のラボーラあり~の見ている人も
魅了するような試合展開をどんな相手でもやりきってきましたが
そのハヤマスタイルを全国クラスの相手でも(全国大会出場したときも含め)
自分たちの力を逃げずに真正面から堂々と勝負するための燃える闘魂が
局面局面で発揮できる強い精神力が大切なので大胆さと緻密さを併せ持つことが
必要なのですね。
子供たちには「めっちゃうまいあいつをかわせた♪」「あいつからシュート決めた!」
みたいな、一つ一つの成功事例をたくさん経験させてあげたいですね (*^_^*)
 

Re:匿名さま

 投稿者:KS  投稿日:2017年 7月 3日(月)13時26分56秒
編集済
  >いきなり申し訳ありません。
■いえいえ、お問い合わせありがとうございます。
 興味を持っていただけること光栄に存じます。

>当番はありますか?
■練習や試合は現地集合現地解散としております。

>練習はいつどこでされていますか?いつでも参加していいでしょうか?
■練習は平日練習は葉山小学校グランド、土日練習は葉山東小学校グランドを
 使わさせて頂いています。

>移籍は直後の公式戦に出れないのは本当ですか?
■今期よりルールが明確になり移籍後の公式戦出場は可能です。
 但し、例えば、現在U12リーグ前期が行われていますが
 前期は既にエントリー表が提出されているので後期からの出場となります。

>ハヤマはサッカーが上手だということは私のチームでもみんな知っています。
>何よりも楽しく試合しているのに私のチームの子らは
>試合に出れない子もいてベンチも下を向いたまま。
>ハヤマの子を見ていたら羨ましく思いました。
■お褒めのお言葉頂き恐縮します。
 もちろんスポーツですから楽しいとこと厳しいところのメリハリはあります。
 ただ、サッカーは野球のような監督やコーチからのサインで選手が動くのはなく
 グランドに出れば選手それぞれの判断によるひらめきや創造性のスポーツですから
 その時そん時の状況を克服するには個の力が大切になります。
  したがって、僕は口ぐせのように「遊べ!」とか「遊び心」って口にします。

 

時代と共に

 投稿者:滋賀のとある一人  投稿日:2017年 6月29日(木)01時16分14秒
  さあきさんが優しくサッカーを教えておられるという事は?サッカー選手にさせて育成することと違い、サッカーというスポーツはこんなに楽しいよ的になられたのですね。時代がそうさせたのかもしれませんね。  

ご質問

 投稿者:匿名  投稿日:2017年 6月26日(月)18時36分39秒
編集済
  いきなり申し訳ありません。
当番はありますか?
移籍は直後の公式戦に出れないのは本当ですか?
練習はいつどこでされていますか?いつでも参加していいでしょうか?
ハヤマはサッカーが上手だということは私のチームでもみんな知っています。
何よりも楽しく試合しているのに私のチームの子らは
試合に出れない子もいてベンチも下を向いたまま。
ハヤマの子を見ていたら羨ましく思いました。
 

雨降らなくて良かったね♪

 投稿者:KS  投稿日:2017年 6月26日(月)11時43分36秒
編集済
  この土日は久しぶりにどっぷりとハヤマグリーンでした。
心技体の成長など色々と楽しみにして臨みました。。。
お天気も日曜日は200ミリの大雨も・・・なんて天気予報でしたが
くもりのお天気でサッカーできて良かった♪良かった♪

24日(土曜日)
〇五年生は9時から練習でした。
テクニックはもちろんのこと、フィジカル中心のトレーニングメニューで
惇輝(あつき)コーチと侑真(ゆうま)コーチが観ました。
楽しかったけど『疲れた~』って (笑)
そうそう、そして暑かった。。。 お疲れ様でしたv
夕方からは栗東トレセン選考会でした。
県トレスタッフなので選考に迷惑をかけないように黙って観てましたが
心配して侑真コーチが観に来てくれましたね。 ありがとうv
栗東トレセンスタッフの皆さん、お疲れ様でした。

〇4年生以下は【チャレンジリーグ】でした。
チャンレンジリーグ湖西支部のスタッフのみなさん、お世話になりました。
本部席ではたくさんの情報交換、楽しかったです。
さて、試合では。。。
色々と試合中や練習時に要求を出しましたが、いやいや、なんのなんの~
一人一人がたくましくなってきたね♪
第一試合の大きい相手には速さで振り切られて失点してしまいましたが
取られたら取り返せばいいだけ♪
ハヤマスタイルでどんどんテクニックで相手ゴールに攻めるチャンスが
あったけど同じ相手と何度も1対1をしすぎでしたね(笑)
じゃ~なんで一度かわしたはずの相手とすぐにまた1対1しなければならないか!?
その工夫を次はしてほしいね。
ただ最後の試合なんかはよく同点に追いついたねv
サッカーが好きでうまくなりたい気持ちと試合をやるからには負けたくない気持ちが
プレーとなった良いパフォーマンスでした。
ただ、まだまだチーム内の競争意識が低いのかサッカーに取り組む姿勢に温度差を
感じる。おうちでも、チームでも、自らすすんで練習する!!
自立性やリーダーシップ、練習メニューを研究(本見たりインターネット見たり)して
自分で練習時間決めて工夫して、やりきる、続ける行動力や主体性や継続性、計画性など。
俺はサッカーが大好きだ!好きだからサッカー選手としてうまくなって目立ちたい!!
うまくなれば相手もかわせるしシュートも打てるし点が決められるから楽しくなる♪
うまくなれば相手の攻撃を止められるし相手にシュートを打たせないから楽しくなる♪
やるからには人一倍努力してサッカーで誰よりもうまくなりたい!! って(^_-)-☆

25日(日曜日)
〇5年、4年は9時から練習でした。
あれ!?どっかで見たことあるような~コーチ (@_@;)
そうですね。県大会の主審を良くしている僕の後輩に当たります。
和歌山出身でたくさんのレベルの高い経験をしています。
ドリブルを生かすにはパスがうまくならないと生かせない!
パスを生かすにはドリブルがうまくならないと生かせない!
すなわち、相手を困らせるために。。。ですね。
だから、君たちがかん違いしなくても良いようにいつもと違うような
練習メニューをしてもらいたくて、ちょうど、今日がOKだったので
やってもらいましたv
これからも時々、来てくれるかもしれないので宜しくね!!
報告では練習開始時、君たちはだいぶいつもと違うので困っていたみたいですね。
実はそれが狙い・・・サッカーは頭を使うこと、考えることが大切です。
だから、悩んでください!とまどってください!
これは何のための練習なのかなど考えながら理解しながら行動してください!!
『考動』これができないとサッカーはうまくなれないです。

〇3年生以下は【キッズフェスティバルin湖南】でした。
県協会行事として湖南ブロックにて湖南ブロック委員会主催で行いました。
大雨が予想されていたので参加人数は前回と比べ少なかったですが
それでもたくさんの子供たちが協会がお招きした元京都サンガの
成山コーチを中心にサッカーを楽しみました♪
また、成山コーチの教え子でもありハヤマグリーンOBの京都サンガユースの
優樹選手もお手伝いに来てくれてとても盛り上がりました (*^。^*)
ただ、、、ちょっとさびしかったのは・・・ハヤマグリーンの子たち全員・・・
最後のご挨拶の時、他のチームの子は大きな声で「ありがとうございましたっ」って
しっかりと礼も腰を曲げてしていたのに、
ハヤマグリーンの子は最後のジャンケンゲームの景品がうれしくなかったのか
口を閉じたままでご挨拶も礼もしなかった (-_-)/~~~ピシー!ピシー!
サッカーなどスポーツがうまい人はしっかりと大きな声で挨拶ができる人なんだな~
挨拶もできず感謝の気持ちがないから欲しい景品ももらえないし
もちろんサッカーもうまくならないし、まわりの人も助けてくれないよな~
よそのチームのコーチも挨拶していなかったハヤマグリーンの子たちをみていて
「挨拶できないって、さあきさんらしくないチームやん。最近、やさし~から」
って言われ~の、『そりゃ~うまくなれね~わな!!ハヤマももう過去のチーム』って
いじられました (-“-)
ですよね~家族でも仕事でも友達でも何でも人との繋がりは、まずは挨拶から!!
そこからはじめてコミュニケーションがとれる!!
そして、一緒にいたい!とか、一緒にやろう!とか、
一緒に遊びたい!とか、一緒にサッカーしたい!とか、、、仲間が集まる♪
帰りにお手伝いに来てくれた優樹を京都の寮まで帰るので守山駅まで送りましたが
車の中で「僕も気になりました!挨拶できない子はサンガにはいません!!」
「僕はさあきさんに心技体鍛えてもらって感謝してるけどさあきさん昔とかわりすぎ」
「むっちゃ、優しくなりすぎっ」って言われちゃいました(笑)

投稿いただいた『3』さん。。。
 3110さんなら検討つきますがメール内容からも想像つきません。すみません。
 芝グランドのサウスカップに来られていたんでしょうか?
 ハヤマはダブルブッキングしたので残念ですがお断りしたんです。
 激励の投稿に心より感謝申し上げます <m(__)m>

 

伊香立グランド

 投稿者:3  投稿日:2017年 6月24日(土)19時38分57秒
編集済
  ハヤマが来てると聞いて、
伊香立グランドに立ち寄りました

ハヤマの顔見知りの選手に単純に勝ち負けを聞こうと
私:1試合目どやった?
選手:楽しかった^_^
私:…良かったやん…笑

スコアは負けてたらしいが
サッカーを楽しんでる。
勝ち負けの返答を想像してた私は、
恥ずかしかった…情けない。
目的は楽しむ事なんだ…原点回帰。

 

(無題)

 投稿者:KS  投稿日:2017年 6月22日(木)14時12分47秒
編集済
  試合がはじまればだいたいの流れはわかるはず・・・
僕なら多くの技をチャレンジさせたり、多くの試しをチャレンジさせたり、
多くの選手を試したり、多くのポジションを試させたり、、、、多くのチャレンジしますね。

ただ、こんな大差になったからと
「リスペクト」に欠けるなんて言われるのはどうかな・・・日本も外国も新時代的な考え方か!?

僕の師と仰ぐIさんは
口ぐせのように
「いいんだ!いいんだ!おまえら、6年になったら一番うまい選手に育てたるから!
 その時に、思いっきり、おちょくって勝てば良い」って
指導者始めたころの僕は
「何を根拠のないこというかな!!負けたら負け惜しみやん」って心の中で思ってましたが
みるみるうちに子供たちは育っておもしろいくらいにボールをたくみにあやつり魅力的な選手に!!
衝撃でした。。。
それ以来、僕も人一倍負けず嫌いだけどそれは大人のエゴだとI師匠に教わったことを胸に
指導者の我慢も”指導”だと自分に言い聞かせ師匠の信念を引き継ぎ
世間からも「おまえら今の間に(4年以下)ハヤマに勝っとけよ!6年になったら勝てへんから」
って言われるくらいにハヤマは言われるようになりました。
確かに、過去の先輩・・・ほとんどが、低学年時は、10点、20点とられーの・・・
ディアブロッサ招待なんかは大阪の強豪や関東の強豪に30点、40点未満とられーの・・・
それでも、6年になったらあのディアブロッサに3-1で勝ったり、広島の有名な大会で優勝したり
子供たちには可能性が、限りない力が、希望が、夢があるんだな~
もちろん、ご父兄の前向きなケアーなんかもご自宅であったことも感謝して (*^。^*)

でも、確かに、プロ野球でも9回で大差がついたらツーアウトからは盗塁しないとか
暗黙のルールがあるって言うけど・・・・・・ううううん!!

最後まであきらめない精神がある意味スポーツの魅力だと思うんだけど。。。

↓ ↓ ↓


スペインで25-0の勝利に導いた指揮官が解雇されるという珍事が起きた。イギリスメディア『BBC』が15日に報じた。

 育成年代での容赦ない圧勝が問題だったようだ。バレンシアの地域リーグに属するセラノスのU-11チームBは6月3日に、ホームでベニカラップのU-11チームCと対戦し、ゴールラッシュの末に25-0で圧勝。しかし、この無慈悲な結果が相手への敬意を欠いていたとして、セラノスU-11チームBの指揮官が解任された。

 スペイン・ラジオ局『カデナSER』によると、クラブ関係者のパブロ・アルケイド氏は「育成年代では得点よりも優先されるべき価値がある。試合後、対戦相手に謝罪した。監督と話し、双方合意の上で解任することを決断した。対戦相手にもっと敬意を払うべきだったし、もう少し結果をコントロールするべきだった。11歳の少年が25失点して家に帰るのはとても辛いこと。子供たちには対戦相手に対する敬意や思いやりを教えていくべきだ」とコメントしている。

 一方、スペイン紙『El Pais』によると、解任された監督の弁護士は「彼はゴールを取り続けるように促してはいない。彼は選手たちに敵陣でのプレスを止めるように指示していた。ベニカラップは攻撃を続けたが、後方にスペースを空け過ぎていて、何も変わらなかったんだ」と説明している。

 なお、同試合はベニカラップのU-11チームCにとって最終戦で、今シーズンは30試合を戦い勝ち点0、合計247失点を喫していたという。また、同紙によると、スペインでは育成年代の対戦でワンサイドゲームは珍しくないことだが、多くのチームは10ゴールを超えた時点で得点を控える傾向があるという。
 

レンタル掲示板
/236