teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


☆☆☆ 団員募集 ☆☆☆

 投稿者:Ka’s  投稿日:2017年 3月 6日(月)11時45分6秒
編集済
  ハヤマグリーンのジュニアサッカーチームは

新しいサッカー友達を募集しています (*^_^*)

ハヤマグリーンでサッカーを楽しみながら

個のスキルアップをしてみませんか!?

新5年生や新4年生のみなさん♪

次のカテゴリー、ジュニアユースでの活躍に向けて

今から個のスキルアップをして

良い準備をしませんか?

ハヤマなら存分に試合に出て試合で色々なプレーにチャレンジできますよ~

サッカーがうまくなりたい (^_^)v

今のチームではベンチにすわることが多いので試合に出たい (^_^)v

ハヤマグリーンは

全員育成で次のカテゴリーのジュニアユースのチームからも

好評があるチームです (*^。^*)



新3年生、新2年生、新1年生のみなさん♪

この年代からコッテリと足元技術や個のスキルアップを図り

対人力をつけ5年生、6年生になったら個人戦術を含めて

見ている人を魅了するように選手になりませんか♪

自由自在にボールをあやつればむっちゃサッカーが楽しいよ~ (*^_^*)


サッカーが大好きな女の子や男の子!
ぜひ、お待ちしています♪♪♪



>木曜日 19:00~20:00
  練習場所) 葉山東小学校グランド か 葉山小学校グランド

  ※雨天時は葉山中学校体育館で練習。

  ※冬期(12月1日~3月20日まで)は葉山中学校体育館で練習。

>土曜日、日曜日(試合がない時)  09:00~11:30
  練習場所) 葉山東小学校グランド

いつでも練習見学や体験練習はOKです (^_^)v

お待ちしています (*^。^*)



詳細は、fckazu444@zd.ztv.ne.jp まで

ご遠慮なくお問い合わせください。

◇持ち物
汗を拭くタオル
水筒(お茶や水、ポカリなど)
運動のできる服装
スポーツシューズ
サッカーボール (予備があるのでお貸しします)

http://

 
 

wao- §^。^§ ぽかぽか陽気でしたね♪

 投稿者:Ka’s  投稿日:2017年 3月 6日(月)11時32分34秒
  3月4日(土)
◎4年生以下チーム:まったり練習試合でした。
もともと “ガンバ門真”さんが 「4年生がたくさんいるので練習試合で
まったりと色々なことを全員起用して試してみたい!ので練習試合して」って
2月の滋賀が豪雪だと知らずにサッカー談義している中で声かけ頂いて
グランドは確保してました。
しか~~~し、私がサンガ出向していたこともありグランド確保したことのみ伝え
その後の連絡ができておらず参加チームだけ募り安心しきっていたら他の試合を
いれてしまったらしく・・・
ガン門のHっとりちゃん、楽しみにしていた子供達、保護者の皆さん、
参加チームのみなさん、申し訳御座いませんでした。
ってことで、本来はU10湖南カップだったのですが私は一発勝負で
勝った負けたと一喜一憂する試合をするぐらいなら大切な我がチームの子を
しっかりゆっくりと育てたいと思い(時期早尚と判断)練習試合をしました。
参加頂いた甲賀大原さん、金田さん、ありがとうございました。
懲りずに今後とも宜しくお願い致します。
試合の方は普段のカップ戦で最近は競り合いで負けていることもありますが
このチームが発足時の大敗続きを考えると勝つことや引分けの試合もあり
結果だけ見ると頼もしくも感じますが指導者として普段の練習状況から冷静に
考えると「勝つことや分けることで“見えていない部分”をいかに見えるようにして
更に向上させてやるか!?子供達自身に気づかせてやるか!?」
これをさらけ出したかったので有意義な練習試合となりました。
マニアックなご父兄は「実験」なんておもしろい表現を使ってくれていましたが
心・技・体・走・攻・守・観・考・判断・予測・自立・渦の中心・止める・運ぶ・
かわす・蹴る・・・などなど全てにおいてとても質の高いプレーをする大原さんや
金田さんに完敗でしたが、私自身、やはり・・・予想通り・・・(内容は秘密)と
1本目の前半で把握しそれ以降はたくさんのトライ&エラーを繰り返しながら
多くの試しをしつつ子供たちと同じ土俵で真正面から向き合い嫌われ役に徹しましたが
新発見もありこの個性派集団たち!!なんか面白いチームになりそうです(^_-)-☆
(追伸)
その後は車を飛ばし出向していた京都サンガの西京極ホームゲームvs徳島戦へGO!
なんとか試合が終わるまでには間に合い、いかにもずっといたような顔して
闘莉王の決勝点と今シーズン初勝利に大騒ぎしてました(笑)

◎6年生チーム:白鳳招待にご招待頂きました。
白鳳F井さん、スタッフの皆さん、育成会の皆さん、大変お世話になりました。
今後とも宜しくお願い致します。
試合結果は「「準優勝」」 \(^o^)/
なんでも今季の滋賀王者のFC.SETAさんとやりたかったようでしたが
準決勝でななななななんと3-1で撃破♪
決勝は精根尽きて・・・足が動かず(笑)・・・負けたようですが
彼らの今カップ戦の目標は達成できたみたいなので上機嫌だったようです♪
目標達成!おめでとう (^_-)-☆
対戦頂いたチームの皆さん、声援頂いた保護者の皆さん、ありがとうございました。

3月5日(日)
◎4年生以下チーム:U10湖南カップフレンドリー交流戦に参加しました。
土曜日の1回戦や2回戦で残念ながら敗戦したチームがフレンドリーにまわり
試合をします。ハヤマグリーンは2日目のフレンドリーに参加しました。
本当は昨日の今日なんで僕が観たかったのですが・・・
湖南ブロック長をしているのでこの会場に朝一だけ顔出して、その後は
U10湖南カップ準々決勝、準決勝、決勝を行っている野村グランドへ。。。
こりゃ~すごいわ~強いわ~みんなよくしっかりと蹴るし足速いし中学生みたいな
試合展開してるし~これはうちは太刀打ちできないわ~(^_^;)
たぶん、今は、大人たちは嬉しいだろうな~誇らしいだろうな~!!
Rさん監督がAさんチームのことをえらい怒ってましたがそないに怒らなくても・・・
対人プレー時のボールの置き場所や体の使い方などのオンザボール時や
オフザボール時のグッドボディシェープ含めた一つ一つのクオリティは
RさんやK東さん、或いは、うちの弱小ハヤマグリーンの2年含めた4年以下の
チームの子がしっかりとできて高いことがわかったので安心安心♪♪♪
そないに怒らなくても次のカテゴリーのジュニアユースやユース以降で現実的に
形勢は逆転してるじゃないですか♪あとから笑いましょう♪♪♪

◎6年生:卒業記念カップでした。
遠いところからはるばる参加頂いた美川さん、サイチョッケ チネジュオソ コマウォヨ♪大阪コリアさん、湖南から大宝さん、笠縫東さん、物部さん、草津さん、志津さん、
治田西さん、ジョガボーラを紹介いただいたレスタさん、甲賀から信楽さん、
湖東から彦根さんに参加いただきましたこと心より感謝申し上げます。
今後ともよろしくお願い致します。
卒業、卒団を控え子供たちと楽しい時間を共有して頂けたと思います。
私も主催者ながら遅れての参加となりましたが自チームのベンチには入らず
ほとんどの試合を楽しく拝見させて頂きましたがどの試合もむっちゃ面白く
また、ハーフタイムのコーチングも勉強のため聞かせて頂きましたが
色々な切り口からみなさん熱心に観察分析されていてとても勉強になりました♪
最後になりましたがアットホームな素晴らしい大会に盛り上げて頂きました
ハヤマグリーンサポーターズの皆さんに心から御礼申し上げます。
☆優勝☆ 美川
☆準優勝☆  大宝
☆3位   ハヤマグリーン
☆4位   彦根
☆5位   物部
☆6位   志津
☆7位   レスタ
☆8位   大阪コリア
☆9位   信楽、治田西
☆11位  草津
☆12位  笠縫東
 

u10水戸TRM

 投稿者:Ka’s  投稿日:2017年 2月27日(月)18時14分30秒
  ジュニオールの ”こにたん”が声をかけてくれて水戸のi川君とこの練習試合に
参加させて頂きました。
水戸、ジュニオールのみなさん、お世話になりました。。。(^_^)v

低学年の今の時期は、とにかく相手チームの、あるいは、人の倍くらいに練習でも試合でも
ボールをたくさんさわって欲しいと思っています。
ドリブルで果敢にチャレンジ!!
そして、奪われればとことん追いかけまして奪い返すくらいの負けず嫌いを養ってほしい♪
トライ&エラーの繰り返し!!
そこから、何を学ぶか!? 何に気づくか!?
全ての選手がお手本だと言うことを忘れずに果敢に失敗をどんどんするくらいに
果敢にチャレンジして欲しいね (^_-)-☆

お疲れ様でした \(◎o◎)/!
 

U12栗東招待でした (^_^)v

 投稿者:Ka’s  投稿日:2017年 2月27日(月)14時40分13秒
  土曜日、日曜日とU12栗東招待でした。
栗東市内各会場に分かれて挙行される栗東市サッカー協会主催の6年生最後の
大きな大会です。
県内外から参加頂いたチームの皆さん、ご父兄の皆さん、コーチスタッフの皆さん、
今年も「プレーヤーズファースト」として大会を盛り上げて頂いて心より感謝
申し上げます。ありがとうございました。
今後とも栗東市内の栗東FC、治田西、治田EX、大宝、ハヤマグリーンを
ご愛顧いただきますよう宜しくお願い申し上げます。

さて、U12ハヤマグリーンの戦況。。。
この時期はトレセン活動も追い込みとなりなかなか全員が揃うことがなくチームの
活動的には卒団も控えているので皆が揃ってワイワイガヤガヤしたいので寂しいですね。
ただ、ハヤマグリーンの理念として「全員育成」なので特定の身体能力や技術能力に
長けている子に頼ったチーム作りをしないのでチームの中から数人が欠けても
“ハヤマスタイル”として果敢にチャレンジできるチーム作りしているのが強み♪
すなわち、次のカテゴリーに皆がそれぞれバラバラに進んでも『個』して十分に
技術力のある選手育成ができているってことです。
この土日のU12ハヤマグリーンのメンバーのサッカーに取り組む姿勢は、
最近の彼らの戦いぶりを見ても、オンザボール、オフザボールでの動き含めて
最低だったかもしれません。
それでも、結果として、内容が悪いながらも『準優勝♪』したことは
彼らの努力の賜物だと僕は粘りやここぞと言う時の勝負強さはついたと思います。
但し、サッカーの取り組む姿勢として、最近は僕も3110コーチに任せて子供たちに
話することもなかったので、おそらく僕からの最後の言葉として、
これからの彼らの人生のことも考えて長々と話をさせてもらいました。
要約すると。。。
・感謝の気持ちを持つ
・ど真剣に取り組む
・最初から一生懸命にプレーする
・自ら燃える
・闘争心を持つ
・渦の中心になれ
・もうダメだという時がスタート
・成功するまで諦めない
・信念を貫く
・チャレンジ精神をもつ
・聞き上手になれ
詳細はすでにご自宅でお話していることと思うので割愛しますね。

そして、もう一つ、彼らに伝えたかったことは。。。
サッカーなら一つ一つのプレーには意図があるってこと。
『サッカーとは、どういう性質を持った競技なのか?』ってこと。
おそらく指導者は自分なりの答えを持ち、それをベースにして、必要な技術とか、
その使い方を逆算して考えて子供たちに伝えていっていると思います。

サッカーとはどういう性質を持つ競技か?ってことを常に考えながら
練習をして試合でもトライ&エラーを重ねながら、
指導者と選手、相互の理解が深まれば、こども達はさらにうまくなり、
チームはさらに成熟するんだろうなと思います。

すなわち、このハヤマっ子24期生に伝えたいことは、
当たり前のことだけど、彼らには“見えていないこと”。。。それは。。。
【サッカーとは、人の中でやるもの】
・人とは、味方と相手
・味方の特徴(長短含めて)を理解し、それに応じて、その場に必要な技術の
出し方をしていくべき
・相手はどういう「生き物」なのかを知ること。
こちらがボールを持てば、相手はいやがおうにもボールを注視する。
ボールに集まってくる生き物。
こちらがボールを奪えば(受ければ)、間違いなく「前」を塞いでくる生き物である。

おいおいそんなの当たり前やん!
言われんくてもわかってるわ!!
・・・と思われるかもしれないけれど、
大切なことはこうしたシンプルなところに隠されているし、
意外とないがしろにしてしまっているのがハヤマっ子24期生たち。。。

こうしたサッカーの性質を度外視して、そこでジンガを使うか的な
「見る→考える→判断する」を別もの扱いにした指導実践のないこうしたサッカーの
性質などを理解していない指導者がアスロンやセゾンの目的や本質を理解せず
見た目でカッコいいだけでただやらせているだけの好みの技術を押し付けたり、
戦術指導をしてしまったりというケースが、ジュニア年代ではよく見られる。
それを簡単に「こだわり」と呼んでしまうことに、僕はかなり抵抗を感じるし
逆に僕はそれを「チャラお」って呼んでいます。

こう自分が動けば、自分がこうボールを持てば・動かせば
「きっと」「どうせ」「間違いなく」
相手はこう来る、こうなる…という、想定、予測、察知。

最初からわかっているのだから、観て考える手間も時間も省ける。
結果、相手よりも早くプレーが出来る。

相手はどうせここから来る…だからこういう止め方、持ち出し方をする。
相手を見切っている状態で、プレー出来ているということ。
だから、相手より早くプレーが出来る。

見切るとは …「見る」ではなく「観えている、わかっている」という状態。

サッカーは人を相手にする競技だと言うことを忘れてはいけない!
自分の絶対的スピードを上げるのではなくて、
相手よりも1秒でも早く動ければいい。
相手よりも1秒でも早く先にボールに触れればいいってこと!!
すなわち、相対的に早ければいい。

だから相手を見切っている状態でプレー出来ているかがとても大事で、
僕はそこを常に見極めながら指導をしていくことが必要だと思っている。
それを、他の指導者から「なんで怒っているや!?ハヤマの子、いいやん♪」って
言ってくれる指導者がいるが、僕からしたら
「(ありがとうございます)でも・・・」ってなるんですね。
それに気づいて指導してくれているのがカズキコーチであり、3110コーチであり
昨年来のハヤマっ子は雑念がなくしっかりと聞き上手で理解してくれていた。

僕はゴールキーパー出身の指導者。。。でも、ゴールキーパー側から考えると、
ドリブルで仕かけられるとディフェンスラインが乱れ、守備の統率がむずかしい。
だからこそ、僕は、ドリブル大好き人間だし、うちのハヤマっ子たちは、
めちゃめちゃドリブルをする。
ただ、今年のハヤマっ子24期生は、味方も見ず、相手をも見切れていないので
ドリブルは単なる自己満足。
僕がよく口にする、「ハヤマグリーン!ショウタイム~♪」

何度も言うけど、「サッカーは人とやる競技」ってことを理解出来ず、
ただただ自分のしたいことをやるドリブルは“偽ドリブル”やと子供たちには
叫んでいる。

今がチャンスなのか?ピンチなのか?を知る。
チャンスになりそう、ピンチになりそうな時を、相手よりも先に知る。
それがわかった上で、また必要な技術をそこに味つけをしていく。

いつでも裏は取れる、いつでも広く出来る、いつでも狭く出来る。
狭くても奪われない…という状態でやれるように。。。。
これで先手を取れるってことだ。

ボールを奪われてから攻守の切り替えをしてるようでは、もう遅いってことを
言っている。

「よし!今からが守備や!!」を、相手にわからないように相手よりも早く。
「よっしゃ!今からが攻撃や!!」を、相手にばれないように相手よりも早く。

フィールドプレーヤーに関して言えば、ピッチ上でやらなければいけないことは
『 受ける、離す、奪う 』の三つしかない。
そう考えれば簡単!!
(僕はバカだから先ずものごとを常にシンプルに考えます。)

おいおい!「持つ」がない!って叱られるかもしれませんが、
「持つ」は離すための準備段階であり、手段ってこと。
もちろん、ドリブル、すなわち、「運ぶ、抜く」も、離すための前段階と
なんか屁理屈(へりくつ)みたいなこと言いますが、そう考えます。

その『 受ける、離す、奪う 』に関しての「いつ・どうやって」を
いわゆる、逆算し追求していくことが、
練習においての必要なプロセスなのではないかと思っています。
先ず、ものごとをシンプルに考えて、そこから奥深く追求していくことが
僕の中ではジュニア指導者として説明もしやすいし理解させやすいし
大事じゃないかと思って指導しています。
そして、そこを、言葉を少し変えながらハヤマっ子たちに久しぶりに話をしました。

でも、じつに、ジュニア年代の指導はむずかしい。。。

月初の広島遠征では最高のパフォーマンスを見せてくれた、魅せてくれた♪
何が違うんだ?何が変わるんだ?
環境が素晴らしいかったから???
相手が全国レベルの強豪チームで緊張感があったから???
フィールドプレーヤーが全員そろっていたから???
遠征だったから???
広島遠征の大会も、今回の栗東招待も結果は同じ《準優勝》だけど
内容として切り口を変えてみた場合、僕的には指導者として
どんな試合でも、大会でも、常にどんな環境でも最高のパフォーマンスを
栗東招待では、子供たちに発表させてやれなかった・・・
栗東招待では、子供たちの潜在能力をうまく引きだせてやれなかった・・・
最後の決勝は、3110コーチに任せて、後半は一人、土手から立って
子供たちの戦況を見守りながら悔しくて唇をかみしめた。。。。
 

夢のある大会 野洲ドリームカップ

 投稿者:3110  投稿日:2017年 2月19日(日)10時31分56秒
  野洲ドリームカップ参加させていただきました
北野、野洲、篠原、中主の方々、運営の方々ありがとうございました

ディブロッサさん、センアーノさん…全国大会やん!て突っ込みたくなるほどの
参加チームにたくさん学ばせていただきました
U10~8までいますがたくさんイイチャレンジしてきました
しかしまだまだ甘い、甘い、甘い。
…自分自身に。
公園に遊びに来たのではない
サポーターの皆さんは、しっかりそのスイッチを教えてあげてください
グランドに入る準備ができたら
ガッツリ応援して
ガッツリ褒めてあげてください
プレーヤーズファーストと過保護は正反対
前にもこのBBSに出てましたよね…小善は大悪に似たり

選手もサポーターも、親もすべてがすべてにリスペクト


アップ時に
喝入れましたが、ピリッとしたら顔変わるよね~
良いもん持ってるよね~
最終試合なんか特に強豪チームの
めっちゃでかい選手にチャレンジできていたもんな
たった一つのプレーですが
そのプレーした勇気が、負けを引き分けに持ち込んだ。
もっと勇気があれば逆転まで引っくり返せたかも…。
と欲張れるかも大切なことですが
勝敗の喜びだけでなく
やりきった感のある選手たちの目はキラキラしてましたね
MVPのレイ
教科書を見ているかのようなトラップ→反転→ファウル誘い込み…GOOD
やろうとしてやったわけではない…と思う
けど、それが癖で出てきたというのは
日ごろの練習やボールの置き位置、タッチの日ごろの成果!!!
忘れてはならない…
ユウトも冷静な狙い澄ました?ぎりぎりフリーキックGOOD

必死になるとみんな楽しい顔してる
そんな経験ができるって瞬間、
100%頑張ってる瞬間を100%の応援してやってください
みんなはお父さんお母さんが喜んで応援してくれて
たくさんほめてくれる言葉が一番の成長の栄養剤です

選手には
たくさんのアメをあげてください
たくさんのムチは任せてください・・・笑
 

赤巻紙、青巻紙、黄パジャマ

 投稿者:3110  投稿日:2017年 2月19日(日)09時54分43秒
  バイエルンツネイシさんにお世話になりました

上原代表はじめ、前川チーフ、スタッフの方々、ジュニアユースの審判スタッフ、
運営の皆様、対戦してくださったチームの皆様、ありがとうございました
最高の天候と環境に恵まれて大変幸せな時間を過ごせました

ケガ人、病人、多発の中のチームとしてのチャレンジでしたが
チャレンジした選手は全員しっかりと戦えました

どのチームも基本技術がしっかりしていて

バイエルンツネイシさんとの2日目の再戦では
招待してくださったバイエルンツネイシさんに
感謝の念と、爪痕を残せたかな…(^_^;)
ゲーム前には私らしく「ネチッ」と喝を入れました
内容は…秘密。

最後の合宿となりましたが
生活面でも、いろいろな成長と同時に
卒業までのタイムリミット間近な感じと寂しさも感じました…私的にある意味少し安心したのかも。
ハヤマで学んだマリーシアも、
グラウンドでなくホテルでの隠れんぼ合戦(選手部屋VSコーチ部屋)で、
大いに発揮できてました…笑


ユウマ:生活面で一番成長した男!きりこみドリブルは、少し温存気味でした
カイト:やはり展開にスイッチを入れられるキーマン。
その部分にはもっとずうずうしく欲張ってほしいな
タイカ:大将っぷり発揮してましたね。シュート意識が入るだけ
    ゲームの流れも一気に引っくり返せるプレイヤーに成長!
    自分にどんだけ負けずにチャレンジできるかがポイント
    下見て満足せず、上見てチャレンジ忘れないでほしい
カイリ:今しか言えないし伝えられないから伝えたい
    とりあえず、甘さが勝る瞬間が多すぎる。独特のテンポを持った素晴らしき才能。
    そこにもっと欲張ってほしいな。貪欲にこだわれ!
    バイエルンとの2日目の試合なんかはトップからのファーストディフェンダー
    の追い込みもよく、プレーにこだわり戦えてチャレンジできてた
    あれが本来のカイリらしさ。
リョウタ:オフザボールの意識
自分のやりたいことも大切、相手がやられたくないことをやることもっと大切
自分のやりたいこと(罠)に相手をはめる(落とし穴)にどんな準備をして
     どう誘い込むか、離脱したため見てゆっくり経験できたこと
     大切にしてほしい
ヒロト:広島の全国クラスでも体幹の強さは、安定…メンタルのリズムを
どう整えていくか、次のカテゴリーでの課題。
ショウマ:いいたとえではないが…ごねんなさい。
     先日服の袖に虫がついた、全力で振り払ったが離れなかった
     ショウマのDFにも同じ感覚を覚えた。彼のプレーを見たことある人は
     わかるはず。
     めっちゃ嫌な選手になった
     デカい選手が疲れてる=ショウマの勝ち
     本当は攻撃的なポジションにつきたいという彼ゆえに
     最終ラインであろうと
     あわよくばドリブルで虎視眈々と攻めに転じる仕掛けをする
     文句なしのMVP
コス:グランドついていきなり3110雷落ちましたが、
   精神的支柱は存在感を発揮してくれました。
   100%でない状況でも存在感、新GKの存在として励めました
リク:ムードメーカーは譲れない…的な。
   取られた後の判断。取った後の判断

   鞆の浦にも行けて、ハヤマG滋賀の修学旅行は無事に帰ってきました

  何より、バスの運転手さんには感謝。
  魔の渋滞ゾーンで、はまることなくスムーズで安全でありがとうございました

  この遠征で一番の感動は
バイエルンの試合終えた後に、運転手さんが
「なんてすばらしい試合や、感動したでありがとう、来た甲斐あったで~」と
言ってくださいました

この学年には県大会終了後に
卒業までの短い期間になるが支えてきてくださった人に
感謝を試合のパフォーマンスで表現しようと約束しました

思いもよらぬ運転手さんからのお言葉に感激しました
(まさかの運転手ベンチ入り事件もありましたが…笑)

あと少し、貪欲に!こだわって!チャレンジできるかが
次のカテゴリへの良いスタートが切れるか決まるでしょうね
 

u12バイエルンツネイシジュニアカップでした (^_^)v

 投稿者:Ka’s  投稿日:2017年 2月14日(火)16時15分52秒
編集済
  バル先輩、そして、おなじGK仲間で友人のM川さん、バイエルンツネイシスタッフの皆さん、
ジュニアユースのみなさん、二日間たいへんお世話になりました。

前夜からバル先輩、早朝よりバル先輩やM川さんから降雪積雪のことを心配いただき
何度も何度もメールや電話を頂きましたこと、僕は愛されているんだと(笑)
心より感謝申し上げます <m(__)m>

現地ではむちゃくちゃ瀬戸内気候の絶好のサッカー日和で最高の環境でハヤマっ子たちも
最高のパフォーマンスを見せてくれたことに良い経験をさせて頂き嬉しく思っています。

バイエルン常石さんはもともとサンフレッチェ広島の下部でしたが約5年前に
サンフレッチェの提携先のバイエルンとライセンス契約され
FCバイエルンツネイシとして発足しジュニア、ジュニアユースとレディースチームがあり
今や中国ブロックではジュニアユースは高円宮杯などは全国出場常連です。
スタッフはバル先輩はじめずぅぅぅっと年下の元日本代表GKのM川さん、他、
マツダSCやサンフレッチェの元選手の方々で構成されています。

この大会は僕がハヤマの代表になってからずっとお声をおかけして頂き
11月の大会に参加させて頂いていますが滋賀で公式戦とかぶることが多く
参加できたりできなかったり。。。
去年の6年の時は微妙に公式戦とかぶらずに参加できましたがその時は
全少の広島代表や広島の強豪をハヤマスタイルで撃破し優勝。。。
それ以来、広島でハヤマスタイルを見せてやってほしいと色々なカップ戦の
お誘いが増えましたが日程が合わず行けずじまいでした。

そして、今年度の秋はもろに公式戦とかぶり参加できなかったのですが
この冬の大会に何としても参加するようにと先輩命令!! (@_@;)
ってことで特例の2月に保護者の皆さんに御理解を頂き参加しました。

ところが、FPが骨折明け直後で無理はさせれない・・・
GK二人のうちの一人も骨折、もう一人がインフルエンザ(涙)

ベストのチームコンディションじゃなかったのですが
そこは普段から多くのポジションを経験させることがジュニア育年代では
大切なことを有言実行し公式戦でもポジション固定しないことが功を奏し
もともと普段のコーディネーショントレーニングや体幹トレーニングの効果も
あってかGK以上のゴールキーパーセービングを体全体でやってくれたり
ベンチでは大騒ぎの盛り上がり (^_^)♪
試合内容はドリブルからの仕かけ(ヒールリフトやスイッチプレーなど)かと思えば
素早いショートパス交換からの仕かけ。。。かと思えば、ダイナミックな弾丸パスにより
サイドチェンジとハヤマスタイルがさく裂し広島県内の強豪相手に遊び心とマリーシアで
最高のパフォーマンスを発表してくれました。

結果は二の次ですが、決勝戦は広島の伝統チームに前半だけでパワープレーに屈し4失点。
ハーフタイムでハヤマスタイルをやりきろうってことで
後半はドリブルのみでパスはスイッチプレーと置き忘れチェンジのみにしハヤマ力が全開♪
ほとんど相手陣地でボールを相手にさわらせずにシュートもラボーラしたりと
観ている人もみんなハヤマグリーンの応援に (^_^)v
前半ワーワーとハヤマグリーンをなめていた相手チームの父兄やコーチ陣も
後半はあまりにもハヤマグリーンに好き放題され沈黙で逆に見とれてくれてました。
残念ながら決勝で負け昨年の先輩のように優勝できず準優勝で終わりましたが
今年も広島の地において滋賀県のハヤマグリーンの存在感として記憶に残る
試合ができたと子供たちも満足していましたし私たち大人もサッカーを楽しまさせて
頂きました。

 感動♪感激♪感謝♪  ハヤマっこ達 ありがとう (*^。^*)

対戦頂いたチームの皆さん、ご同行頂いた保護者の皆さん、滋賀の地からご声援、差し入れ頂いた
みなさんに、心より感謝申し上げます (^_^)v


追伸

懇親会では乾杯のあいさつを先輩にさせられましたがその懇親会では
私も斉藤コーチもバイエルンツネイシさんや強豪チーム相手に
あんなヒールリフトしたりしてボールを自由にあやつったり
巧みなパス交換で翻弄するチーム作りの質問攻めに。。。
僕は先輩と昔話などして逃げていましたが斉藤コーチには人だかり(笑)
聞き耳をたてていると
「ハヤマの試合は見ていてワクワクするじゃけん、明日も見て見たい、
次の試合も観てみたいって思うチームじゃけんな~」みたいなことを
斉藤コーチが言われていたような~(ちょっと広島弁を使ってみました・・・)
その台詞♪ いいですね~今度使えるように ( ..)φメモメモ

その斉藤コーチ!さすがに元代表GKのM川さんの前では緊張しまくりの正座(笑)
たくさん写真撮ってあげました (^_^)v

また、初日の到着がかなり早く着いたので僕の思い出の場所の『鞆の浦』へ
崖の上のポニョの舞台となったとこですがハヤマっこ達と良い思い出ができましたv


追伸×2

バレンタイン♪ ありがとうございました (^_^)v    by ka's & 3110
 

u10笠縫東水口杯でした。

 投稿者:Ka’s  投稿日:2017年 2月14日(火)15時27分11秒
編集済
  笠縫東のスタッフ、育成会の皆さん、前日からの雪のため開催するか否かで
前夜もバタバタされていたとお察しします。お疲れ様でした。
そんなご苦労があった中での開催。。。本当に一日お世話になりました。
ありがとうございました。今後とも宜しくお願い致します \(^o^)/

戦況の方は、インフルエンザ明けの選手やインフルエンザでのお休みもあり
全員が揃っての万全のチームコンディションではありませんでしたが
ジュニア年代に必要なのは勝敗ではなく、どれだけたくさんボールをさわって
うまくなるか!?
そのうえで、プレーヤーとして試合の中で闘争心、負けず嫌いをむき出しにして
プレーしてくれたら自ずと試合は勝てるってことですね。
ジュニア年代の優先順位として「個としてうまくなる」「個としてずるくなる」
すなわち、個人技術とあれやろう♪これやろう♪っていう個人戦術。
そんななかで、我々指導者は、ほめたり、かみついたり、ほめたりして
いかに子供たちの潜在能力をうまく引き出してやるか!!
そういう意味では、存分にみんなが試合に出て個の技術力を試合で発表してくれたと
報告がありました §^。^§
対戦チームの皆さん、保護者の皆さん、ありがとうございました。

追伸

バレンタイン♪ ありがとうございました (^_^)v    by ka's & 3110
 

サッカーの応援 \(^o^)/

 投稿者:ka’s  投稿日:2017年 2月14日(火)15時12分27秒
編集済
 
親の為に10の心得
                       FCハヤマグリーン監督

1.ハヤグリのゲームやトレーニングを時間をつくってできるだけ見に行くこと。
  (当番はないので強制ではありませんが子供はそれを望んでいます。)
2.ハヤグリのゲームやトレーニングでは全部の子供を応援すること。
  (誰だって、自分の子が一番可愛いけれど・・・)
3.チームや選手の調子の良い時だけでなく、悪いときにも勇気づけてやること。
  (批判や叱責をしないように。)
4.監督・コーチ・先生・スタッフを尊敬し尊重すること。
  (彼らに任せましょう。判断に圧力をかけないように。)
5.いつもレフリーはインストラクターとみなすこと。
  (判定の批判をしない。)
6.選手たちがサッカーをやることを楽しむように刺激し勇気づけること。
  (プレッシャーにならないように。)
7.試合が終わったら家族で楽しかったか厳しかったか話し合うこと。
  (結果を聞くだけで終わらないように。)
8.サッカーをやるのに快適な節度のある用具を準備すること。
  (大げさにならない。)
9.ハヤマグリサッカー/ハヤマスタイルのポリシー・理念・方針を理解し協力する。
  (親子でどのような態度で練習に臨むか話しあいましょう。)
10.忘れないでください。サッカーを通して夢の実現や人間形成を
  するのはあなたの子ども自身です。

  (主役は子供です。親のあなたではありません。親のあなたが目立っていませんか。)
                                                         』
そういえば、昔に、静学の真似をして(良いものはどんどん取り入れる♪)
こんなものを作ってましたね。

もちろん、表現や言葉の使い方は優しくハヤマ流に変換しています。

なぜならば、数年前に日本サッカー協会が下記のようなことを掲げたことがありました。

サッカーブームがピークの時にちょっとサッカーをかじった保護者やなにかしら
他の競技で指導に関わった保護者さんがモンスターピアレントのごとく
学校と同じようにスポーツ競技まで口に出してくる時代になりだした頃です。
ご自身が一流のプレーヤーやだったり、ご自身がサッカー含め他スポーツでの
一流の指導者である保護者さんはやはり親としても一流で
「そのチームの理念を尊重しお子さんを預けたからにはそのチームの方針にいっさいに口を出さず「頑張れ」って
勇気づける声だしに重視していますね」
僕も我が子は小・中・高・大と我が子が選んだクラブや学校の方針を尊重し時間を作っては木の陰から目立たぬように
(周りも「澤木さんや」って反響するので(苦笑))
応援に行っても家では殆ど息子のプレーの話はせず「頑張れ」とか海外サッカーのTVを見ながら話す程度でしたね。
もちろん、チーム批判などナンセンス、任したならそこは父親として男気!!(笑)


長年の経験上、多くのサッカー家族を見ていますが父親が口出してガヤガヤ言うてる子は育たないし伸びないしね。

日本サッカー協会
↓ ↓ ↓
「子供のサッカーに関わる大人の皆さんへ 合言葉は子供のサッカー環境を良くする仲間として Players First!!」
子どものサッカーは、保護者の皆さんの日々の温かい見守り、協力がなくては成り立ちません。
夢中になってサッカーに取り組む子ども達を見て、できるかぎりのことをしたいと思うその気持ちは大きなエネルギーを持っています。
子どもが小さいほど、親の影響は大きいものです。
保護者の皆さんのポジティブな関わりが、子ども達の大きな助けになります。
ぜひ、子ども達のために、最高のサポーターを目指してください。
今日は子ども達の日・日ごろの成果を試そうとワクワクしている子ども達を、
今日はベンチから離れて反対のサイドから応援しましょう。
うまくいってもいかなくても、精一杯のトライ、夢中になっているその姿を、励ましてください。
いつの間にかたくましくなった子ども達にびっくりするかもしれません。
失敗しても、転んでしまっても、ポールを持っているだけで失敗しないか心配でも、
子どもが何をしようとしているか、見守ってください。大丈夫ですよ、悲鳴をあげないで。
子ども達は落ち着いてプレーしようとしています。
ぶつかってしまっても、わざとじゃありません。
サッカーには「敵」はいません。サッカーを楽しむ「相手」であり「仲間」です。
なかなか手ごわい相手こそ、お互いを高めあうすばらしい仲間です。
審判は、公平に、子ども達のすぐ近くでプレーを見守っています。
ゲームがうまく運ぶようにコントロールしょうとしています。
審判は審判に任せておいて。コーチは子ども達がサッカーを楽しめるように、
皆がうまくなれるように、日々、そしてゲームの日も、がんばっています。
皆が良い経験をして、多くのことを学べるようにしょうとしています。
それを信頼しましよう。
コーチはコーチに任せておいて…子ども達は日々成長しています。
準備や片付けだって自分達でできます。
サッカーは、ピッチに出たら、自分自身で判断して行動しなくてはなりません。
自立が大切なスポーツです。
子ども達の自立を日々促し、応援してください。
子ども達がたくましく目分で解決しようとトライする機会を、
決して奪ったりしないでください。…
↑ ↑ ↑

回りくどい書き方だが言いたいことは言っている(笑)。
だがJFAも注意した方が良い。
こんなことやっている親は決して「自分のこと」だとは思っていない。
だからそうなってしまうわけだ。
モンスターに「聞く耳」は存在しない。
『JFAだかJAFだか知らないけれど・・・・・』とか言われるのがオチですね。
(笑)
たぶん、一番、かわいそうなのは、その親のプレーヤーのお子さんですよね。

参考までに
スイスでのサッカー少年が父親に向けた手紙が
当時、話題に上がりました。紹介しますね。

パパ、パパがこないだピッチの外に置いてあったゴールによじ登ってレフェリーに文句を言ったでしょ。
あの時、僕はすごく頭にきて泣きそうになったんだ。あんな怒り方、今まで見たことなかったよ。
たぶん、レフェリーが間違ったんだとは思う。
でも、僕がたとえパパの言うように「レフェリーのせいで」試合に負けたんだとしても、そんなことはどうでもよくて、
僕はとっても楽しかったんだ。
わかってほしいんだ、パパ。僕はプレーしたい、それだけなんだよ。
僕は楽しみたいんだ。
だから、僕がプレーをしているときには、「パスしろ!」とか「シュートだ!」とか、
叫び続けるのはやめて。
パパの言うことはあっているのかもしれないけど、僕が緊張してしまうんだ。
パパ、もう一つあるんだ。
試合中にコーチが僕のことを交代させても、怒らないで。
僕は、ベンチにすわってみんながプレーしているのを見るのだって楽しいんだよ。
僕らは大勢いるし、みんながプレーしなきゃだめでしょ。
それから、僕にサッカーシューズをきれいにするやりかたを教えてくれる?
僕のなんだからパパがやってくれなくていいんだ。
僕が自分でできるようにならなきゃいけないんだよ。
それからスポーツバッグは僕が自分で持ちたいんだ。
バッグにはチームの名前が書いてあるから、僕がサッカー選手だって
まわりのみんながわかるだろ?僕、それが好きなんだ。
パパ、お願い。
試合の後にママに「今日は勝った」とか「負けた」とかって話すのはやめて。
ママには僕がとっても楽しんでいたって伝えてほしいんだ。
それから、僕がすごいシュートを決めたから勝った、って言うのもやめてね。
だって、そうじゃないんだもの。
僕がシュートを決めたのは、仲間が僕に良いパスをくれたからなんだよ。
勝ったのは、僕らのチームのゴールキーパーが必死に相手のシュートを防いでくれて、
チームの仲間が全員でせいいっぱいがんばったからなんだ。
(コーチが僕らにそう教えてくれるんだ)
怒らないでね、パパ。こんなことを書いてしまったけど。
僕、パパが大好きなんだ。
練習に遅れてしまうので、これでおしまいにするね。
練習に遅刻すると、今度の試合にはじめから出してもらえないんだよ。
じゃあね


                   

http://

 

最近どうしたん?

 投稿者:ka’s  投稿日:2017年 2月 6日(月)22時23分47秒
  って、この掲示板を楽しみにされている指導者仲間さんから
電話を頂きました。

ご心配おかけして申し訳ございません。

嬉しい、この上ない、喜びです。ありがとうございます。

心より感謝申し上げます (^_-)-☆

土日のハヤマっ子たちの活躍を通してサッカー持論を
月曜日にここに書き込んでいますが

しばらくは、現行の仕事しながら、
会社が出資している京都サンガの業務にも
2/26開幕まで出向扱いで兼務で携わっているので
なかなか書き込む時間がありません。

「えっ!?珍しい!仕事してるやん?」ってか。。。

いやいや (*_*;

僕は、やるときはやる主義(笑)

普段は天然キャラですが(笑)

その分、やるときは、
頭の回転の速さとマレーシア(笑)と集中力と燃える闘魂は
誰にも負けません。。。(#^^#)


追伸
子供たちの為にも書き込みたいことはたくさんありますが
(僕の分析ノートにはぎっしり!!なのでご安心を)
とにかく時間がないので、しばしお待ちください  (^^)v

よろしくお願い致します。
 

レンタル掲示板
/231