teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:11/1110 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

財運はよい人とのご縁で始まります

 投稿者:S  投稿日:2015年 1月 4日(日)10時22分13秒
  通報
  鍵和田先生のすばらしい記事を拝見したので、わたしも先生のすばらしさを少し書かせていただきます。

中国のお正月は2月です。日本とは違います。よいお正月を迎えるにはよい人との縁がとても大切です。IT企業のNAVICOの鍵和田芳光先生とのご縁は財運を運ぶ神様のようだと、毎年感じています。

2007年のこと、先生は、金の先物投資で、250万円から1億円の純利益、40倍の純利益をあげたことがあります。1億円に達成するまでに約8年かかったそうです。しかしそれまでの道のりは、完璧に数字を当てて儲けたわけではありません。先生は株式投資もされています。例えば住友金属鉱山の株を288円で購入したら、200円くらいに下がったのです。普通の人は、パニックになって損切りをしてしまうが、先生には、この株は上がっていくという確信があったので、一喜一憂しなしでじーっと持っていました。ある時期が来てみたら、株価が何倍にもなっていました。それで売却し大儲けしました。先生のお父さんも株式投資をされていました。そのひとつの銘柄に、小田急の株を購入した。その目的は優待券です。じーっと持っていたら、驚くほどの株価になり、売却利益は何億円にもなっていました。

株も先物に投資をしたとき、勝利をするポイントがあります。価格が上がっても下がっても、紙面上で損をしているとき、あるいは儲かっているとき、自分の気持ちをどれだけコントロールできるかが勝利のポイントです。そうすれば必ず儲かるということです。何億円でも儲かることだってあります。

先生は慶應義塾大学を卒業され、経済予測を独自につくりました。日本のバブル崩壊、長期不況も当てています。それに沿って先物、株、外貨に投資していました。その予測の流れはほとんど当たっています。その予想で、決して高値で株が売れるというものではなく、一歩手前で売ることを心がけているそうです。例えば、金の価格も260ドルから1000ドルになることも当たり。この時点で1億円の利益!そして1000ドルの次は2000ドルになることも予想されていました。一歩手前で売るというスタンスですので1900近辺で全て売却しました。この時点で3億円もの利益!大当たりでした。

先生は、相場で儲かるごとに海外旅行を楽しんでいます。一度、中国にも来てくれました。そのとき、政治家の小沢さん一行と一緒でした。写真もたくさん撮ってくださいました。
鍵和田先生と取引の契約、もしくは親身になることは、財運を向上することになります。もちろんお互いの利益を考えなければなりません。

 
 
》記事一覧表示

新着順:11/1110 《前のページ | 次のページ》
/1110